福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. グルメ
  3. 老舗寿司店で鮮度の良い刺し身を盛り合わせでいただく、贅沢なお昼の定食

ふくしま定食部

老舗寿司店で鮮度の良い刺し身を盛り合わせでいただく、贅沢なお昼の定食

第28回「喜久寿し」

  • 情報掲載日:2019.11.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

すっかり秋ですね。定食部の部活動も上着を羽織って訪問する季節となりました。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、食欲の秋…ということで、食欲は全開です。

そんな秋の穏やかな日は、お寿司屋さんやお蕎麦屋さんで、ゆったりと定食を楽しみたいと思い立ち、訪問させていただいたのは、福島市渡利の老舗『喜久寿し』さん。

おひとり様から法事まで幅広いニーズを受け止めていただける懐の深いお店
おひとり様から法事まで幅広いニーズを受け止めていただける懐の深いお店
雰囲気のある木彫りの看板はインパクト大
雰囲気のある木彫りの看板はインパクト大

52年の歴史を持つこの老舗は、二本松駅前にあった「喜久家」の支店として、現店主のお父様が創業。また、同じくエンドーチェーン(※)の9階にあった、「レストランレインボー」も支店の一つであったと聞くと、長く福島市の飲食業をリードしてきたことが分かります。

ガラリと引き戸を開けて入店すると、清潔感のある明るい店内と、『いらっしゃいませ!』という元気な声に迎えられ、それだけでも魚の活きのよさが伝わります。

今日はカウンターが運よく空いていました。滑り込むように着席すると、大きな湯呑みのお茶が供され、テンションが上がります。

※福島駅近く、現在の「街なか広場」に1991年まであった商業施設

一枚板のカウンターに映える湯呑みはお寿司屋さんならでは
一枚板のカウンターに映える湯呑みはお寿司屋さんならでは
ランチメニュー5種。 どれもバリュープライス!
ランチメニュー5種。 どれもバリュープライス!

鮮魚の並ぶショーケースに、ワクワクが止まりませんが、ここはまずお目当ての刺身定食を、瓶ビールと共にオーダーです。

2階の宴席の支度を小気味よくこなす板前さんと、合間合間に交わす会話も楽しい。これもカウンターの醍醐味ですね。

カウンターには瓶ビールがよく似合います
カウンターには瓶ビールがよく似合います
ショーケースの間にそっと飾られた起き上がり小法師に癒されます
ショーケースの間にそっと飾られた起き上がり小法師に癒されます

先行して瓶ビールが到着です。今日は特別に自家製の塩辛もサービスしていただいちゃいました。

板前さんの手捌きに見惚れつつビールが進みます
板前さんの手捌きに見惚れつつビールが進みます
サービスの自家製塩辛も絶品。お酒が欲しくなります
サービスの自家製塩辛も絶品。お酒が欲しくなります

ビールが3分の1ほど減ったあたりで、刺身定食が到着です。

刺身4種(マグロ、平目、甘エビ、帆立)に小鉢も付いて、お寿司換算なら770円はありえないですね。

刺身定食(770円)
刺身定食(770円)

まずは、マグロの赤身から。ワサビをのせていただくと、程よい歯ごたえと赤身のコク。追いかけるようにご飯を頬張ると、たちまち幸福感が。

平目は、醤油にちょんちょんと浸してからご飯の上にオン。透き通るような身の色は鮮やか。食欲を掻き立てるビジュアルです。

ひと呼吸おいて、今日の小鉢は茄子の炒め煮。ホッとする味で、これもご飯が進みます。

ここまででご飯を完食。ビールに戻って、刺身をアテに続行です。

角の立った赤身は味わい十分
角の立った赤身は味わい十分
鮮やかな平目は醤油の琥珀ごとご飯にオン
鮮やかな平目は醤油の琥珀ごとご飯にオン

プリッとした帆立や甘エビはもちろん、大葉やワサビもまた最高のアテとなるわけです。

ここで改めてメニューを眺めてみると、やはり宴席も人気のお店ですから、天ぷらや焼き魚をはじめとした料理も充実。

しかし、ここは追加で何貫か握っていただくことにします。

気になった赤貝は、運よく宮城県の閖上(ゆりあげ)産が入っているとのこと。それと中トロ、もう一貫はおまかせの3種を。おのずと宮城の地酒「あたごのまつ」を添えることに。

お酒が届いて間もなく、スーパーカーの展示イベントのごとく整然と、華やかに握られた寿司がカウンターから差し出されました。

眩いほどの中トロ(770円)、赤貝(660円)、赤貝のヒモ、煮穴子(440円)
眩いほどの中トロ(770円)、赤貝(660円)、赤貝のヒモ、煮穴子(440円)

閖上赤貝は身も厚く味も濃くて、身とヒモを分けて2貫で楽しめるのがうれしいですね。

閖上赤貝が入っている日はラッキー
閖上赤貝が入っている日はラッキー
型抜きのように、鯛の形に慎重に醤油を注ぎたい
型抜きのように、鯛の形に慎重に醤油を注ぎたい

斬新な飾り包丁に驚く中トロは、食感に変化が出て、なによりかっこいい!

おまかせは煮穴子。ほろりとした穴子に、よーく煮詰められた甘いタレの濃厚さ。ゴール後のビスマルクのように目を閉じて余韻を楽しみます。

お寿司屋さんのカウンターでいただいた刺身定食で火がついて、気付けば追加オーダー。この地域に愛された老舗の雰囲気、信頼できる板前さんの人柄現れる味わい。

日曜のお昼に、たまの贅沢も必要だなと思えた素晴らしい時間でした。今度は夜におじゃまします。ごちそうさまでした。

Information

喜久寿し
住所
電話番号
024-522-4826
営業時間
11:00~14:00(13:45ラストオーダー)/16:00~21:00ラストオーダー
休み
毎週木曜日、12月31日の夜、1月1日
駐車場
15台

関連記事

SNS