1. Home
  2. おでかけ
  3. 夕日を映す、グラデーションのパレット

フォトジェニックな福島

夕日を映す、グラデーションのパレット

第三十二回 石川郡・浅川町

  • 情報掲載日:2018.05.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)

 水張りが終わり、田植えを待つ浅川町の水田。那須連山の奥に沈んだ夕日が、ノスタルジーと共に夜を呼ぶ。オレンジからだんだんと青に染まる水田の一枚一枚は、水彩のパレットのよう。
 水田の間を走る車体カラーがポップな水郡線も、夜は照明だけが浮き上がり、まるで銀河鉄道の夜のワンシーンのようだ。

■This rural area with water is waiting for rice planting.It mirrors the sunset in the water, it is as beautiful as making an exquisite gradation like a paint palette.
In the middle of the scenery that makes you feel this nostalgia, a colorful local train occasionally goes through.The train also concealed the body in the darkness of the quiet rural village in the evening and only the lights shone the way as if they were running through the night sky.

関連記事

SNS