1. Home
  2. おでかけ
  3. 東北アルプス・飯豊連峰の春

フォトジェニックな福島

東北アルプス・飯豊連峰の春

第三十三回 喜多方市

  • 情報掲載日:2018.05.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)

 飯豊連峰の雄大な山容には万年雪も残り、朝日山地と並んで「東北アルプス」とも称される。名前の由来は諸説あるが、雪化粧をしたその姿が"飯を豊かに盛った様子に見える"ことから「飯豊(いいで)」と呼ばれるようになったという説もある。
 現に、喜多方市の景色と言えば飯豊山をバックにした田園風景であり、赴きある蔵のまちの姿である。

■The Ide mountain range that can see from Kitakata City is called "the Alps Range in the Tohoku region of Japan", because snow remains around the summit, and the mountain ranges are majestic.
In the word of "Ide" we use kanji meaning "bumper harvest".It is said that the mountain is called with such a name because the snow remaining in the mountain seems to be a huge rice.
Actually,Production of rice and sake is also popular in Kitakata City.Japanese traditional Warehouse called "kura" to store rice and make sake has become an important element of the scenery of Kitakata City.

関連記事

SNS