1. Home
  2. おでかけ
  3. トレッキングと合わせて立ち寄りたい!尾瀬周辺の日帰り入浴施設

ふくしま湯めぐりダイアリー

トレッキングと合わせて立ち寄りたい!尾瀬周辺の日帰り入浴施設

第11回~南会津町『窓明の湯』/檜枝岐村『燧の湯』~

  • 情報掲載日:2018.05.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 2018年5月24日には尾瀬の山開きが行われます。今年は福島県檜枝岐村で開催されるそうですよ。トレッキングの後は、温泉で疲れを癒し、汗をさっぱりと流してみてはいかがですか?今回は尾瀬周辺の2施設をご紹介します。

2018年4月にオープン!南会津町『窓明の湯』

 良質な湯が多いと温泉ファンに人気の高い南会津町。その南会津町の中でも檜枝岐村に程近いところに、2018年4月日帰り入浴施設『窓明(まどあけ)の湯』がオープンしました。

 風呂は内湯のみですが、大きな窓から光が差し込みます。浴室から外へ出られるドアがあり、そこにはベンチが設けられているので、入浴の合間に涼むこともできますよ。源泉温度56℃とやや熱めの湯で身体を温めたら、外の風に当たるのも気持ちがいいものです。

 単純温泉の湯は肌への刺激が少なく、なめらかな肌あたり。弱アルカリ性なので、湯上がりはスベスベ肌へと導きます。

天井が高く、開放感のある浴室。湯の温度が異なる2つの湯船が並びます
天井が高く、開放感のある浴室。湯の温度が異なる2つの湯船が並びます
どっしりとした梁が木のぬくもりを感じさせる休憩所
どっしりとした梁が木のぬくもりを感じさせる休憩所
国道352号沿いにある建物
国道352号沿いにある建物

Information

小豆温泉 窓明の湯
住所
電話番号
0241-76-3131
駐車場
20台

硫黄泉の湯を源泉かけ流し!檜枝岐村の公衆浴場『燧の湯』

 燧ヶ岳や会津駒ケ岳など、美しい山々に囲まれている『燧(ひうち)の湯』。檜造りの内湯と石造りの露天風呂があり、どちらからも移ろう四季の表情が楽しめると評判です。露天風呂のすぐ脇には舟岐川が流れ、せせらぎを聞きながら入浴できるのも魅力です。

 泉質は単純硫黄泉。アルカリ性で肌にしっとりとなじむ、やわらかな湯を満喫してください。檜枝岐村には『燧の湯』の他に、2つの公衆浴場があります。湯めぐりを楽しむのもおすすめです。

新緑の季節もいいですが、秋の紅葉も見事です
新緑の季節もいいですが、秋の紅葉も見事です
自然光に満ちた、明るいロビー。入浴後にひと息付けます
自然光に満ちた、明るいロビー。入浴後にひと息付けます
川窪橋を渡った所にある施設。赤い屋根が目印
川窪橋を渡った所にある施設。赤い屋根が目印

Information

燧の湯
住所
電話番号
0241-75-2290
駐車場
30台
リンク
http://hinoemata.com/ontoku/spa/

関連記事

SNS