1. Home
  2. おでかけ
  3. 初夏のおでかけガイド

Mon mo編集部便り

初夏のおでかけガイド

木々は新緑に覆われ美しい花々が咲き誇る初夏。福島県内にはイベントや、ついつい散策したくなるような観光スポットがあります。この機会に巡ってみませんか。

  • 情報掲載日:2018.05.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【桑折町】Legare Koori(レガーレこおり)

 「献上桃の郷 桑折町」の伊達崎(だんざき)地区に2018年4月24日オープンした『Legare Koori (レガーレこおり)』。元々は幼稚園として利用していた施設を改装、交流促進による地域の活性化をコンセプトとし、さらには食と農をつなぐ交流拠点として生まれ変わった。(さらに詳しくは写真をクリック)

【平田村】ジュピアランドひらた

 福島県の南東部に位置し、阿武隈山系の豊かな自然に囲まれた「平田村」。村のシンボルともいえる蓬田岳の麓にあり、絶景の芝桜で人気の『ジュピアランドひらた』内に、2016年に開園したのが「世界のあじさい園・ゆり園」。(さらに詳しくは写真をクリック)

【矢祭町】滝川渓谷

 「ふくしまの遊歩道50選」にも選出された「滝川渓谷」は、福島県内最南端の矢祭町にある。紅葉の名所として知られるが、初夏には若葉が生い茂る緑と、滝のコントラストが美しい景勝地だ。(さらに詳しくは写真をクリック)

【昭和村】喰丸小(旧喰丸小学校)

 取り壊しを待つだけだった築80年の旧喰丸小学校。ロケ地として撮影された映画「ハーメルン」が上映されて以降、その昭和らしい原風景を懐かしむファンが足繁く訪れ、今回の再生への契機となった。再生にあたっては、以前の風合いを生かしつつ、耐震性を高め危険箇所も修繕。校庭に育つシンボルの大イチョウとともに、木造二階建ての校舎は、2018年4月26日、交流・観光の拠点施設「喰丸小」として生まれ変わった。(さらに詳しくは写真をクリック)

関連記事

SNS