モンモ良品モンモ良品 モンモ良品
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 金山町・下大牧集落から撮影した、只見線沿いにある民家の桜

星 賢孝の奥会津だより

金山町・下大牧集落から撮影した、只見線沿いにある民家の桜

年間300日、奥会津やJR只見線の撮影をし続ける郷土写真家・星 賢孝(けんこう)さん。彼だからこそ知る四季折々の“美しき奥会津”をお届け。撮影アドバイスも紹介します。

  • 情報掲載日:2022.04.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
【只見線沿いにある民家の桜(大沼郡金山町下大牧集落)※写真は2021年4月26日撮影】※個人所有地のため、鑑賞や撮影の際はマナーを守ってください[撮影機種:EOS R5、手持ち撮影、シャッター速度:1/500、F13、絞り優先]
【只見線沿いにある民家の桜(大沼郡金山町下大牧集落)※写真は2021年4月26日撮影】※個人所有地のため、鑑賞や撮影の際はマナーを守ってください[撮影機種:EOS R5、手持ち撮影、シャッター速度:1/500、F13、絞り優先]

春はうららに

のどかな春の日が降り注ぐと、婆ちゃんは90歳の年も忘れて鍬をふるう。お嫁に来て70年。最愛の連れ合いを亡くしても、婆ちゃんの営みは昔のままに変わらない。鍬と会話し、鍬に励まされ、喜びも悲しみも共にしてきた仲間なのだろう。

時折そばを通る只見線の列車には目もくれず、婆ちゃんは今日も穏やかに鍬をふるう。夢物語のようなうららかな春の息吹がここには満ち満ちている。

数回通って懇意になれば、撮影も可能になるかもしれないが、個人の屋敷であり畑なので、無断侵入は絶対に避けていただきたい。金山町下大牧集落の国道252号沿いにある駐車スペースに車を置くと、線路側にある高い屋敷が、撮影地となる。

日本の田舎の珠玉のうららかな春の情景が、この先も永遠に続くことを願わずにはいられない。桜花爛漫の撮影時期は例年4月20日頃から下旬の頃になる。

文・写真/星 賢孝

Information

金山町・下大牧集落から撮影した、只見線沿いにある民家の桜
住所
【今回の撮影スポット】

関連記事

SNS