モンモ良品モンモ良品 モンモ良品
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 金山町「尻吹峠」から撮影した、夕日に染まる大志集落

星 賢孝の奥会津だより

金山町「尻吹峠」から撮影した、夕日に染まる大志集落

年間300日、奥会津やJR只見線の撮影をし続ける郷土写真家・星 賢孝(けんこう)さん。彼だからこそ知る四季折々の“美しき奥会津”をお届け。撮影アドバイスも紹介します。

  • 情報掲載日:2022.06.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
【尻吹峠から見た、夕日に染まる大志集落(大沼郡金山町大字川口地内)※写真は2021年6月2日撮影】[撮影機種:EOS R5、三脚撮影、シャッター速度:1/300、F10、絞り優先]
【尻吹峠から見た、夕日に染まる大志集落(大沼郡金山町大字川口地内)※写真は2021年6月2日撮影】[撮影機種:EOS R5、三脚撮影、シャッター速度:1/300、F10、絞り優先]

愛しさの果て

只見線の絶景スポットの中でも、急峻な尻吹(しりふき)峠から望む只見川峡谷の絶景には、皆驚嘆の声を上げる。そして目を見張り、息をのむ。日本の原風景そのままに、小さな大志集落は峡谷の狭い台地に寄り添うようにひしめく。赤と青だけの屋根が夕日で金色に染まりながら、いにしえの絵画のように広がっている。

永遠に続く愛しき奥会津の絶景を、私は人生の最後にいったいどう見ることになるのだろう。愛しさの果ては、至福の中で満ち足りながら逝ってみたいものだと今、胸中密やかに願っている。

撮影場所は、会津川口駅から「かねやまスキー場」経由で峠越えをし、下りきった後に大きく左折。すぐの二股を直進し、狭い車道を進んで行くと、やがて峡谷が一望できる尻吹峠展望台に到着する。駐車スペースは3台ほど。目の前の広場にも数台の駐車が可能だ。撮影には70mmから400mmの望遠レンズがほしい。

文・写真/星 賢孝

Information

金山町「尻吹峠」から撮影した、夕日に染まる大志集落
住所
【今回の撮影スポット】

関連記事

SNS