「わたしの郡山」インスタグラムフォトコンテスト作品投稿スタート!「わたしの郡山」インスタグラムフォトコンテスト作品投稿スタート! 「わたしの郡山」インスタグラムフォトコンテスト作品投稿スタート!
  1. Home
  2. グルメ
  3. ふくしまの土曜のお楽しみ。上町テラスで味わう、こだわりの一汁三菜定食

ふくしま定食部

ふくしまの土曜のお楽しみ。上町テラスで味わう、こだわりの一汁三菜定食

第20回「めし ひろ田」

  • 情報掲載日:2019.02.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

もうじきバレンタインですが、定食部員への告白の際は、チョコにライスと味噌汁を付けていただきますよう、部を代表してお願い申し上げます。

さて、記念すべき第20回目の「ふくしま定食部」は、新店でありながら間違いのない『めし ひろ田』さん。

新築移転の「大原綜合病院」隣にできた商業ビル「上町テラス」入り口の、ドア、暖簾と通過して、コの字カウンターに向かって一直線。最短ルートで着席です。

テーブル席もいいですが、やはり大鍋前を陣取るカウンターの雰囲気がなんともいいですよね。

店主の廣田さんの『いらっしゃい!』という気持ちのよい声に、食道エスカレーターの電源を入れます。

いつもですと、じっくりと煮込まれた「マトン煮込み定食」や、市場から仕入れたばかりの新鮮で身の厚い「アジフライ定食」をいただくところですが、今日は土曜日。憧れていた“チャーシューエッグ定食”があります!

店名に“めし”と冠されたとおり、美味い飯をお腹いっぱいいただける上に、チャーシューエッグですから。おのずと期待値は高まります。

ライスは麦飯で、小・並・大が同料金のうれしさ。ここは迷いなく「大」でお願いすることにします。

店内のテレビは、ちょうど高校サッカーの準決勝。居合わせたお客さん皆で、ちょっとしたパブリックビューイング状態に。福島県代表を応援する雰囲気、目の前の大鍋から対流してくる温かい空気に包まれながら、サッポロラガーを手にしばし待ちます。

待つこと10分ほどでしょうか。

お膳のなかには、目玉焼きの上の分厚いチャーシュードミノ!
それを太陽とするなら、惑星のようにぐるりと小鉢、味噌汁、漬け物、ごはんが囲みます。

チャーシューエッグ定食(1,000円)
チャーシューエッグ定食(1,000円)

さて、まずはチャーシューの階段を降りるように、上の段からいただいていきましょう。

真っ白な皿からチャーと抜いてシューと口へ運ぶと、甘辛いタレをまとい、スパイスも伴って……すぐさま後追いライスと渾然一体となり、胃袋へ吸い込まれていきます。

そして食べてすぐに、チャーシューだけじゃない、麦飯の美味さに気づきます。

2枚目のチャーシューは、下に隠れた目玉焼きに、ホームベースにヘッドスライディングした左手のごとくかすめて、マイルドな味わいにして楽しみます。

野菜がたっぷりなのもありがたいですね。皿の半分が野菜だと、それだけで健康になれた気持ちになります。
お寺の柱の上についている擬宝珠(ぎぼし)にも似たビジュアルのマヨネーズを崩しつけて、シャキシャキといただきます。

ごはん、食事への愛情、こだわり。バランスを考えたふくしま食材の一汁三菜。

よーく考えられた“本当の食事”のできるお店でありながら、幼少の頃の廣田家の思い出の味、マトン煮込みやハムめしのメニューに、食卓の楽しさ・温かみをお裾分けしてもらえたような気持ちです。

マトン煮込み(580円)
マトン煮込み(580円)
ハムめし(380円)
ハムめし(380円)

大原綜合病院へ入院していたら、ちょっと外出許可申請が増えてしまいそうな、そんな体が欲するめし処。お腹も心も温まって、さて、土曜日の後半戦へ繰り出します!

ごちそうさまでした。

Information

めし ひろ田
住所
電話番号
024-572-5333
営業時間
11:30~14:00ラストオーダー/17:00~22:00(21:30ラストオーダー)
休み
毎週日曜日、第3月曜日
リンク
http://tanatsumono.co.jp/

関連記事

SNS