福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. グルメ
  3. 穴子だけじゃない、心から安らげる空間で温かい定食がいただける老舗割烹

ふくしま定食部

穴子だけじゃない、心から安らげる空間で温かい定食がいただける老舗割烹

第38回「割烹 山晴」

  • 情報掲載日:2020.10.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2020年も早いもので残り3ヵ月。今の状況では季節感もないまま年末を迎えてしまいそうですが、部員の皆さんには定期的な定食で暮らしにメリハリをつけていただきたいものです。

第38回の「ふくしま定食部」は、福島市の市街地、県道148号線(旧国道4号線)の入り口は荒町にあります、昭和57年創業の老舗『割烹 山晴』さんにおじゃまします。

インパクトのある看板を一度は目にしたことがあるはず
インパクトのある看板を一度は目にしたことがあるはず
お店の入り口も雰囲気ある佇まい
お店の入り口も雰囲気ある佇まい

目にしたことがある方も多いであろう"うわさのビックリ!!穴子天重"の看板はインパクト十分。

気にはなるけど、割烹と聞いてなんとなく敷居が高いんじゃないかと思っている方は、意外なほどのリーズナブルさとアットホームさに驚きます。

しかしながら、官公庁や企業が集まるこのエリアで、長年会席や宴席を請け負われてきた山晴さんですから、その歴史に裏打ちされた技は、食事をすれば分かる丁寧な仕事ぶりからも窺い知ることができます。

入口のショーケースは食欲もワクワク感もかき立ててくれます
入口のショーケースは食欲もワクワク感もかき立ててくれます
落ち着いた雰囲気の店内。あったかいお茶がありがたい
落ち着いた雰囲気の店内。あったかいお茶がありがたい

これまでも何度かおじゃましておりますが、山晴さんの魅力のひとつは、落ち着いた雰囲気でゆったりと寛げること。

今日も靴を脱いで小上がりへ。この雰囲気、実家レベル。

スポーツの秋なので、今回もウォーキングで来ましたから、まずは、瓶ビールに目玉焼きのオーダーで汗を引かせることに。その間に定食を選ぶことにしましょう。

山晴さんの代名詞"穴子天重"はカリふわっとした食感が魅力。1日20食限定とハードル高めですが一度はぜひ。

そして、お気に入りのアジフライ定食は、ふっくらと身の厚いあじがサクッと食べやすく調理されていて、おすすめです。

名物の穴子天重。看板に偽りなし!
名物の穴子天重。看板に偽りなし!
添えられたナポリタンの王道。ふっくら揚がったアジフライが好み!
添えられたナポリタンの王道。ふっくら揚がったアジフライが好み!

今日は、以前から気になっていましたメニュー表の一番上、『刺身定食』をオーダーしてみることにします。

ちょうど決まったところで、ビールと目玉焼きが到着です。

ビール(500円)にはお通しも付きます
ビール(500円)にはお通しも付きます
目玉焼き(400円)。毎回が初心に帰ってのファーストバイト
目玉焼き(400円)。毎回が初心に帰ってのファーストバイト

目玉焼きに向き合うときは、いつも緊張します。黄身占いがあるならば、今日は大吉となるような、納得の箸入れができました。 

揚げ焼きされた目玉焼きは、サイドのサクサクッとした絶妙な食感と、とろりとした黄身がたまらない。レモンでの味変も可能で、これはすごい目玉焼きと出会えました。

ゆったりと味わう贅沢な時間。

女将、息子さんの丁寧な接客も心地よく、心がほぐれるようです。
そうこうしていると、刺身定食の到着です。

刺身定食(1,500円)※日によって内容が異なる
刺身定食(1,500円)※日によって内容が異なる

マグロ、タイ、タコ、ホタテ、サーモンと豪華。

彩りは勿論、濃厚なものやさっぱりしたもの、食感も色々と、器の中で幅広く堪能できる刺身。絶品ですね。ビールも添えておりますが、ここはほかほかご飯とベストマッチ。

バリエーションに富んだ刺身を楽しむ時間は贅沢なものです
バリエーションに富んだ刺身を楽しむ時間は贅沢なものです

そして、何度か提唱させていただいておりますが、「味噌汁のうまい店にハズレなし」。

「味噌汁のうまい店にハズレなし」の法則
「味噌汁のうまい店にハズレなし」の法則
"もしもし"に癒される箸袋にも注目
"もしもし"に癒される箸袋にも注目

山晴さんもこの法則の通りです。

これまたうれしい、たっぷりの漬け物で残りのビールを楽しみながら、クールダウンです。

これでもかと言わんばかりの漬け物の盛りに、サービスを超えて愛を感じます
これでもかと言わんばかりの漬け物の盛りに、サービスを超えて愛を感じます
ソースの瓶の美しさにテンションも上がります
ソースの瓶の美しさにテンションも上がります

かつて修行されていた東京の明治大学前にある「山晴」さんの暖簾分けとして福島市で開店。創業にもストーリーがあり、感慨深く伺わせていただきました。

帰り際の、女将の『お気をつけて』の言葉、調理で手が離せないなかでの店主の『ありがとうございました』の声。あったかいのは、料理だけではありませんでした。

市街地の喧騒から離れて、心やすらぐ空間でのひととき。お腹も心も満腹になりました。

ごちそうさまでした。

Information

割烹 山晴
住所
電話番号
024-521-0728
営業時間
11:00~14:00/17:00~21:00
休み
毎週日曜日
駐車場
あり

関連記事

SNS