CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. グルメ
  3. 【2021夏】世界からも注目される、ふくしまの美酒を愉しもう

【2021夏】世界からも注目される、ふくしまの美酒を愉しもう

【AD】2021年の全国新酒鑑評会で金賞受賞数8回連続日本一に輝いた福島県。県内外を始め、世界からも注目が高まるなか、近年、日本酒以外にも様々なおいしいお酒が作られています。進化を続けるふくしまの美酒や、それを取り扱う醸造元・酒販店を紹介。

  • 情報掲載日:2021.07.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【喜多方市】醸造元『大和川酒造店』

1790年の創業以来、9代にわたり酒造りを続けてきた『大和川酒造店』。

【福島市】ワイナリー『吾妻山麓醸造所』

2021年4月に誕生した、福島市内を一望する新ワイナリー『吾妻山麓醸造所』。

【福島市】酒販店『橘内酒店(きつないさけてん)』

福島市南沢又、飯坂街道より1本細い道に入った奥まった場所にありながら、福島県内外から多くの“日本酒愛飲者”が訪れる『橘内酒店』。

【福島市】酒販店『越後屋』

福島市、南福島駅から徒歩5分。有名・希少なものからこの店でしか手に入らない限定品まで、店主が厳選した全国各地の銘酒がずらりと並ぶ『越後屋』。

【福島市】純米大吟醸原酒「伊作」

福島市唯一の酒造「金水晶酒造店」が醸造し、福島市松川町の「金川」のみで取り扱う純米大吟醸原酒「伊作」。

【只見町】米焼酎「ねっか」

クリアなうまみが冴える、只見町産米100%の米焼酎「ねっか」。

【会津若松市】酒販店『渡辺宗太商店』

会津若松駅のほど近くに店を構える『渡辺宗太商店』。福島県内の地酒をメインに豊富なラインアップが魅力。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS