モンモ良品モンモ良品 モンモ良品
  1. Home
  2. グルメ
  3. 精肉店のサテライト食堂で堪能する、昭和感溢れる郡山市の肉処

ふくしま定食部

精肉店のサテライト食堂で堪能する、昭和感溢れる郡山市の肉処

第57回「肉処 大沼亭」

  • 情報掲載日:2022.06.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

今年も梅雨の季節がやってきましたね。

定食で気分を晴れやかにと向かったのは、郡山駅から1kmほど東へ進んだ芳賀1丁目。第57回のふくしま定食部は、大沼精肉店さんの直営、「肉処 大沼亭」さんを目指します。

車で東部幹線を南へ進み、ペップキッズこおりやまの次の信号を左折。ゆるやかなカーブの手前に、まずはエンジとクリーム色の「大沼精肉店」さんが現れます。

まずは「大沼精肉店」さんを目印に進むとわかりやすいです
まずは「大沼精肉店」さんを目印に進むとわかりやすいです

精肉店さんを過ぎたら、すぐ右をやや鋭角気味にターン。すると、まさに公民館な佇まいの「肉処 大沼亭」さんが見えます。

築100年の横塚公民館を改修した味わい深い佇まい
築100年の横塚公民館を改修した味わい深い佇まい

開店時間の11時を狙って、ちょい早の10時50分に到着しましたが、すでに待機の定食ファンがいて2番乗り。ポールポジションを取れずとも、立て看板メニューの前で10分間の熟考。

これまでも何度かお邪魔しておりますが、やはり精肉店直営、肉メニューが気になりますよね。

大沼亭さんのファーストインパクトは「生姜焼定食」でした。しっかり目の味付けで焼かれる豚バラ肉は、食欲を掻き立てるメニュー。

脂身まで美味い精肉店の豚バラは、ご飯がすすむに決まっています。
脂身まで美味い精肉店の豚バラは、ご飯がすすむに決まっています。

2回目に来店した時は、「今度は鶏だ!」と唐揚げ定食。気になっていたエゴマメンチも追加しちゃいました。

「唐揚げ定食」(600円)に「エゴマメンチ」(200円)を添えた豪勢な布陣。
「唐揚げ定食」(600円)に「エゴマメンチ」(200円)を添えた豪勢な布陣。

店内には「マヨネーズあります‼ご利用の方はお声がけください。」の貼り紙もあるのですが、「マヨネーズをお付けしましょうか?」と逆にお声がけいただいた光栄。別添えマヨネーズは、心の底からうれしいサービスですね。

ザクっとした食感、じゅわっとジューシーな唐揚げもおすすめです。

ライスオン唐揚げオンマヨ!来年の鏡もち代わりにしても違和感なし
ライスオン唐揚げオンマヨ!来年の鏡もち代わりにしても違和感なし
エゴマメンチは、右半身にだけソースをかけて、大人の色気を演出
エゴマメンチは、右半身にだけソースをかけて、大人の色気を演出

過去の思い出を懐古していると開店時間の11時。下足入れから間違いなく公民館の佇まい。
 
靴を脱いで上がった畳の感触、広間の解放感、昭和歌謡のBGMが相まったノスタルジーは、少年時代の子ども会のワクワク。

掲げられた“温故知新”そのままに、公民館の味わいを活かした店内
掲げられた“温故知新”そのままに、公民館の味わいを活かした店内

何をいただこうか決めかねていたので、今日は思い切って肉まつりを開催することに。

チャーシュー丼にホルモン炒めの単品追加。そこにせっかくですからノンアルビールで休日のリラックスを加速させましょう。

お姉さんにアイコンタクトからオーダーを告げるやいなや、2番の番号札とともにノンアルビールが到着。

番号札とノンアルビールは、公民館がよく似合います
番号札とノンアルビールは、公民館がよく似合います

開店後はぞくぞくとお客さんが来店。この内容とコスパですもの、人気も頷けます。

大沼精肉店さんは、先代のお父様が郡山駅前に創業。先代が「肉の大沼支店」を方八町に開店したのが昭和33年。そして、昭和50年に現在の場所に移転されました。

創業90年超の精肉店が提供する定食は、自社仕入れですから良質で安価。思わず「ホントにこの値段でいいんですか」と心の声が漏れ出てしまいます。

待つこと10分ほど。さあ、過積載気味に乗ったお盆が運ばれてきました。

「チャーシュー丼」(495円)と「ホルモン炒め」(単品450円)で大沼亭さんを満喫
「チャーシュー丼」(495円)と「ホルモン炒め」(単品450円)で大沼亭さんを満喫

巣籠もったかのような温玉にそっと箸を入れる緊張感。周りを囲う細切りチャーシューも、まるで東京オリンピックのエンブレムのような美しさ。

たっぷりと盛られたチャーシューに流れる卵黄は、掻き込んでくださいと言わんばかり
たっぷりと盛られたチャーシューに流れる卵黄は、掻き込んでくださいと言わんばかり

れんげで頬張ってノンアルをごくり。ああ…、満たされます。ひと息ついたらホルモン炒めにも箸を移しましょう。

さすがは精肉店のホルモン、大振りで食べ応えがあります。

しかも、プルプルの部分と、よく焼きのカリっとした部分のコントラストも心地よく、キャベツの食感と味噌だれが食欲を掻き立てます。

味噌だれが堪らないホルモンを、大振りで頬張る幸せ。七味をはらりとかけたバージョンも最高です
味噌だれが堪らないホルモンを、大振りで頬張る幸せ。七味をはらりとかけたバージョンも最高です

10月~3月はもつ煮、4月~9月はホルモン炒めと入れ替え制。もつ煮も人気ですが、しばらくはガマン。会えない時間が、もつ煮愛を育てるのです。

肉系メニューは間違いないのはもちろんですが、気になるのは「本日のさかな定食」。日替わりですが、こちらも充実の内容で迷います。

“ホルモン炒め”と“もつ煮”は季節入れ替え制。もつ煮定食もすでに待ち遠しい ※写真:部員提供
“ホルモン炒め”と“もつ煮”は季節入れ替え制。もつ煮定食もすでに待ち遠しい ※写真:部員提供
「本日のさかな定食」(800円)は、フライの時もあれば、刺身の時もあってドキドキ ※写真:部員提供
「本日のさかな定食」(800円)は、フライの時もあれば、刺身の時もあってドキドキ ※写真:部員提供

昭和なBGMがそうさせるのか、食べ終えたあとの銀皿に、♪鏡に映った~あなたとふたり♪と「glove」の歌が頭の中でリフレイン。

すっかり満腹満足でお会計をしますが、ここで終われないのが大沼亭さん。その足で大沼精肉店さんへ向かいます。

「地域の子どもたちもたくさん来店するから、おやつになるメニューを入れています」と仰います。カレーパンやあげパンも用意されていて、地域と相思相愛、その関係にこちらもうれしくなっちゃいます。

コメントにもほっこり!あげものメニュー
コメントにもほっこり!あげものメニュー
きれいに揚がったカレーパンとあげパンは、アツアツおいしくてお土産にぜひ
きれいに揚がったカレーパンとあげパンは、アツアツおいしくてお土産にぜひ

もちろん、総菜も絶品ぞろい。特にお気に入りのハムカツは、スマホサイズでコメントに偽りなし!

薄切りで大判なハムカツは、サクッとした食感で好みです
薄切りで大判なハムカツは、サクッとした食感で好みです
ハンパないの謳い文句は伊達じゃないです
ハンパないの謳い文句は伊達じゃないです

さて、帰ったら、ハムカツで今度はアルコール入りのビールですね!

ごちそうさまでした。

Information

肉処 大沼亭
住所
電話番号
090-4550-2929
営業時間
11:00~15:00(14:30ラストオーダー)/17:00~21:00(1日1組限定・4名~、要予約)
休み
日曜祝日
駐車場
10台

関連記事

SNS