福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 福島県南エリアの温泉で、pH値が高いアルカリ性の“美肌の湯”を満喫しよう

ふくしま湯めぐりダイアリー

福島県南エリアの温泉で、pH値が高いアルカリ性の“美肌の湯”を満喫しよう

第35回~白河市『きつねうち温泉』/泉崎村『泉崎カントリーヴィレッジ』~

  • 情報掲載日:2020.09.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

温泉の中で“美人の湯(美肌の湯)”と言われている泉質はいくつかありますが、そのうちの一つに「アルカリ性単純温泉」があります。今回は福島県南エリアで多く存在するpH値9.0以上のアルカリ性の湯を満喫できる施設を紹介します。pH値が高ければより美肌効果が期待できますよ。

自然に囲まれたのどかな雰囲気の露天風呂で、良質な湯を堪能する

東屋風の屋根がかかる露天風呂
東屋風の屋根がかかる露天風呂

白河市東にある総合運動公園「東風(こち)の台公園」内の温泉施設『きつねうち温泉』。毎分620リットルと豊富な湯量を誇る自家源泉の湯を、かけ流しで贅沢に楽しめるのが魅力。

開放感あふれる露天風呂と、広い洗い場とサウナを備えた大浴場があります。泉質は、pH値9.5の「アルカリ性単純温泉」。とろみのある良質な湯は、なめらかな肌あたりで“美肌の湯”としても好評です。

ガラス張りで眺めが良い大浴場
ガラス張りで眺めが良い大浴場

pH値とは水素イオン濃度のことで、数字の7(中性)を基準に数値が低くなれば酸性に、高くなればアルカリ性になります。温泉法ではpH7.5以上であれば“美人の湯(美肌の湯)”と言われているのです。

アルカリ性の温泉は、肌の汚れや古い角質を落としてツルツル肌へと導いてくれます。pH値の数値が高くなれば肌への作用もより期待できるのです。

隣接するコテージで宿泊も可能
隣接するコテージで宿泊も可能

施設内にある食事処(11:00〜20:15ラストオーダー)では、「コンちゃんラーメン」(550円)、「白河高原清流豚の焼肉定食」(850円)、「白河高原清流豚のとんかつ定食」(850円)などの地元食材を使った料理が手頃な値段で味わえるので、温泉と一緒に組み合わせて楽しむのがおすすめ。

Information

きつねうち温泉
住所
電話番号
0248-34-1126
駐車場
100台
リンク
http://kitsune.life.coocan.jp/

※2020年9月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため当面の間、サウナは利用不可となっております。詳細は、こちらでご確認ください。

リーズナブルな料金で、“美肌の湯”をかけ流しで楽しむ

静けさの中で湯浴みを楽しめる露天風呂
静けさの中で湯浴みを楽しめる露天風呂

泉崎村の総合運動公園「さつき公園」のすぐ近くに、豊かな緑に囲まれた施設『泉崎カントリーヴィレッジ』があります。

野鳥の声を聞きながら身体を癒やせる露天風呂と、ゆったり浸かれる内湯があり、どちらの浴槽でも良質な湯を源泉100%かけ流しで楽しめるのが魅力です。

良質な湯が満ちる内湯
良質な湯が満ちる内湯

緑がかった湯の泉質は、pH値9.8の「アルカリ性単純温泉」。強アルカリ性に近い湯の特徴は、とろりとしていて肌にまとわりつくような感触があります。湯温はぬるめなので、長湯でゆったりと日頃の疲れを癒やすのがおすすめ。

前施設での説明の通り、pH値の数値が高くなれば肌の汚れや古い角質をより落とす作用が働きます。そのため乾燥肌になりやすいので注意が必要です。入浴後は保湿剤などでケアしてあげることをお忘れなく。

敷地内にあるバーベキューガーデン
敷地内にあるバーベキューガーデン

敷地内には、「バーベキューガーデン」(4月〜11月)があり、家族やグループでの利用に最適です。また、施設内には「名人そば」(1,000円)などが味わえるレストランもあり、どちらも日帰りでの利用が可能。ぜひ温泉と一緒に楽しんではいかがですか?

Information

泉崎カントリーヴィレッジ
住所
電話番号
0248-53-4211
駐車場
200台
リンク
http://www.izumizaki-cv.com/

※2020年9月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため当面の間、日帰り入浴の時間等が変更になっております。
【入浴時間】11:00〜21:00(最終受付20:00)
【サウナ・大広間休憩所】利用不可
詳細は、こちらでご確認ください。

最新版「ふくしま日帰り温泉 2020-2021」好評発売中!

上記で紹介している温泉施設はこちらの本に掲載しています。本にはお得な温泉クーポンが付いていますので、購入するとお得に温泉めぐりが楽しめます。

関連記事

SNS