福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 東北・新潟の新しい魅力を発見する旅へ!絆キャンペーン開催中!!

東北・新潟の新しい魅力を発見する旅へ!絆キャンペーン開催中!!

タウン情報誌おすすめ秋グルメ

  • 情報掲載日:2020.10.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『東北観光推進機構』では、東北6県と新潟県の新しい魅力を発信する「東北・新潟応援!絆キャンペーン」を実施中!

今回は、東北と新潟の地元を知り尽くしたタウン情報誌の編集者がとっておきの秋グルメを紹介。食欲の秋、地元グルメと合わせて紅葉スポットもチェックして、各エリアの魅力を再発見しにお出かけしてみては!?

マスク着用、手洗い・消毒、ソーシャルディスタンスを守り、安心して身近な旅を楽しもう。

【タウン情報誌の編集者おすすめ!】東北・新潟の秋グルメ

※販売店の店舗データ等は、上記PDFよりご確認ください。

【青森のタウン情報誌「FEELER」おすすめ】「嶽温泉山のホテル 食事処マタギ亭」の「マタギ飯セット」(1,400円)。マイタケやタケノコなどの具材を使った自慢の釜飯
【青森のタウン情報誌「FEELER」おすすめ】「嶽温泉山のホテル 食事処マタギ亭」の「マタギ飯セット」(1,400円)。マイタケやタケノコなどの具材を使った自慢の釜飯
【宮城のタウン情報誌「S-style」おすすめ】宮城県の亘理町で味わえる「はらこめし」。写真は「鳥の海 浜寿し」の一椀(1,750円)。プリプリのイクラが絶品!
【宮城のタウン情報誌「S-style」おすすめ】宮城県の亘理町で味わえる「はらこめし」。写真は「鳥の海 浜寿し」の一椀(1,750円)。プリプリのイクラが絶品!
【岩手のタウン情報誌「acute」おすすめ】「山ぶどう農園 カフェ 野の香」の「山ぶどうレアチーズケーキ」(385円)。この他「山ぶどうカレー」や季節限定の食事メニューも必食
【岩手のタウン情報誌「acute」おすすめ】「山ぶどう農園 カフェ 野の香」の「山ぶどうレアチーズケーキ」(385円)。この他「山ぶどうカレー」や季節限定の食事メニューも必食
【秋田のタウン情報誌「あきたタウン情報」おすすめ】「さかい屋」の旬のフルーツパフェ。写真は左から「シャインマスカットだらけパフェ」「秋まんさいスペシャルパフェ」「西明寺栗スペシャルパフェ」
【秋田のタウン情報誌「あきたタウン情報」おすすめ】「さかい屋」の旬のフルーツパフェ。写真は左から「シャインマスカットだらけパフェ」「秋まんさいスペシャルパフェ」「西明寺栗スペシャルパフェ」
【山形のタウン情報誌「ZERO★23」おすすめ】「Goose Cafe」の「季節の野菜とそば粉のガレット」(880円)。尾花沢市のオートキャンプ場内にある
【山形のタウン情報誌「ZERO★23」おすすめ】「Goose Cafe」の「季節の野菜とそば粉のガレット」(880円)。尾花沢市のオートキャンプ場内にある
【新潟のタウン情報誌「月刊にいがた」おすすめ】「いしはら寿司」の「地魚10貫にぎり」(2,750円)。佐渡島の海で獲れた新鮮な魚介を召し上がれ!
【新潟のタウン情報誌「月刊にいがた」おすすめ】「いしはら寿司」の「地魚10貫にぎり」(2,750円)。佐渡島の海で獲れた新鮮な魚介を召し上がれ!
【福島県北エリアのタウン情報誌「シティ情報ふくしま」おすすめ】「福島県浄土平レストハウス」で味わえる「会津山塩焼豚麺」(1,000円)。スープは「川俣シャモ」がベース
【福島県北エリアのタウン情報誌「シティ情報ふくしま」おすすめ】「福島県浄土平レストハウス」で味わえる「会津山塩焼豚麺」(1,000円)。スープは「川俣シャモ」がベース
【福島県いわき市のタウン情報誌「月刊タウンマガジンいわき」おすすめ】いわきのご当地グルメ「ポーポー焼」。写真は「ごはん・カフェ きゅういち」の「ポーポー焼定食」(930円)※サンマが無くなり次第終了、仕入れによって価格が変動する場合あり
【福島県いわき市のタウン情報誌「月刊タウンマガジンいわき」おすすめ】いわきのご当地グルメ「ポーポー焼」。写真は「ごはん・カフェ きゅういち」の「ポーポー焼定食」(930円)※サンマが無くなり次第終了、仕入れによって価格が変動する場合あり

Information

一般社団法人東北観光推進機構
リンク
https://www.tohokukanko.jp/kizuna/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS