1. Home
  2. ライフ
  3. 第16回 専門店のセンスに学ぶおウチインテリア~vol.1~

住まいと暮らしのたね。

第16回 専門店のセンスに学ぶおウチインテリア~vol.1~

家づくりの本編集部スタッフが見つけた、インテリアのヒントを紹介します。

  • 情報掲載日:2019.01.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「今年こそは住まいを素敵なインテリアで!」と思っても、何をどうすればと思い悩むばかり。そこはやっぱ専門店でしょ!!ということで編集部が取材してきました。

北欧デザインの家具が驚きの低価格のワケは?~『E-comfort郡山店』~

今回取材でお邪魔したのは、郡山市備前舘、内環状とインター線の交差点にある、ジェネリック家具の『E-comfort郡山店』さんです。

「ジェネリック家具」とは「優れたデザインを多くの人に」というコンセプトのもと、デザイン版権が切れた製品のオリジナルをベースに、発注・製作・販売している家具のこと。例えばインテリア好きにはとても有名な「イームズ」のラウンジチェアもリーズナブルな価格を実現!「いい家具は高い」というイメージを覆すお店なんです。

フロアは1階と2階。1階にはテーブルやチェアをゆったりレイアウト。とくに目を引いたのが壁に掛けられたチェア。これはデンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ヴェグナーが1950年に発表した「Yチェア」のデザインを踏襲して改良を加えた、同店オリジナルの「リボーンチェア」。価格は1万9,800円から。家族それぞれで気に入った色を選んで組み合せる買い方も増えているんだとか。

1階の右手にはウール絨毯がたくさんありました。ウールというと温もりのある肌触りが特長で冬のイメージでしたが、聞けばオールシーズン使えるとのこと。ウールには調湿性といって、加湿の時は湿気を吸い、乾いた季節には湿気を放出する性質があるのだそう。優しい色合いが素敵な手織り「ギャッベ」をはじめ、20種類ほどのラグ(18,000円~49,800円)がありました。

来店客が足を止めるコーナーがもう一つ、ミッドセンチュリーインテリアの人気デザイナーであるジョージネルソンのクロック(5,800円~)を中心にディスプレイしている壁。こんなおしゃれな時計が1つあるだけで、お部屋の雰囲気は変わっちゃうかもしれませんね。

店の2階にはぐっと落ち着いた雰囲気のソファなどが。革のソファにウォールナットの渋い家具を合わせた「男前インテリア」の一式コーディネートには思わずうなってしまう重厚感がありました。部屋に家具を合わせるのではなく、家具が中心のインテリアづくりにはトータル感が大切なことが良く分かります。
  
憧れのデザイン家具を、ミュージアムのように見ることができるお店でした。ネットで何でも買える時代ですが、家具は実際に触って、座って、その使い心地を確かめたいもの。リアルサイズで眺めていると、インテリアコーディネート全体の雰囲気を想像しやすいことに気が付きます。

『E-comfort郡山店』では家具の修理もOK。しかも、他のお店で購入したものも受け付けてくれるそうです。気に入ったデザインの質のいい家具を末長く使う。そんな暮らしを大切にする人におすすめしたいショップです。

Information

E-comfort郡山店
住所
電話番号
024-931-7116
営業時間
10:30~18:30
休み
毎週火曜日
駐車場
8台
リンク
https://www.e-comfort.info/

関連記事

SNS